「美女と野獣」

以前昔ながらのディズニー映画もといミュージカル映画というものにある種の抵抗感を抱いてた。だって話の途中で歌ったり踊ったりするっておかしくない?それも敵も一緒にノリノリで参加してくるっておい!

この嫌悪感からディズニー映画はほとんど観たことがなかった。(ピーターパン1&2はなぜか観たことある。)キャラもキングダムハーツ知識ぐらい。その中で唯一観れたのが「魔法にかけられて」。アニメと実写をミックスした作品で、アンチミュージカルっぽい作品だったので自分の気持ちと合致していた。しかし、「ラ・ラ・ランド」を観てミュージカル映画も悪くないじゃん!!と思い、「夜は短し歩けよ乙女」ではミュージカルシーンが一番好きなシーン。こういった面を踏まえミュージカルの面白さを知り「美女と野獣」も観たいと思った。そこでまずアニメ版はどんな内容か、演出かを知った状態で観たかったのでレンタルして観むことにした。それをどうアレンジするのかの違いを楽しむためでもある。

 

 そして実際に観たところ
 
 
まず言いたい。音楽めっちゃええやん!!
何かに興奮や感動したら鼻の奥がむずむずしてくる感覚分かりますか?こんな症状が挿入歌が流れるたびにでてしまい、いっそ泣いてすっきりしたいと思った。ピークがEDの新曲「How Does A Moment Last Forever」これは映像と共に一番好きかもしれん。
上記の曲に加え3曲新曲があり、ベルが村へ戻ったあとの「Evermore」はより鮮明にベルに対する王子の気持ちが表されており寂しさを感じる印象。アニメ版との違いで一番良かったのが「Be our guest」アニメ版でもあの歌もとい演出も好きだったけど、実写版は10倍ぐらい華やかにベルをもてなしていた。城の住民も新たにマエストロのハープシコードが加わりますます音楽が自然に流れるのが良い。
あとアニメ版では語られなかった魔女の存在、ベルの母親、王子の子供の頃、ル・フウの気持ちなど欲しかった内容を盛り込んでくれてありがとうございます。
キャラの描写も結構深堀されててガストンがとにかく嫌な奴に描写されていた。アニメ版では傲慢だが少し抜けている感じもあったが、とにかく悪。モーリスを狼の餌にしようしたり、取引もせず容赦なく病院送りにさそうとするなど嫌なところが目立った。王子戦で不意打ちで2発も撃ちやがったぞコンチクショ!!!最期のボッシュートはバラの花びらが落ちるたびに城が崩れるシーンがあるのでご都合感は薄れたかな。
追加キャラで出てきたアガットは、最初独身女の成れの果てという見せしめだけのキャラかなと思ったらモーリスを助けたり、本当は冒頭の魔女だったりと1→10→1億と好感度が上がっていったキャラ。
でも一番好きなキャラはル・フウ。酒場のシーンではガストンをヨイショするため客にお金をあげて褒めさせたりとか腰巾着感を醸し出していたが、モーリスを狼の餌にしようしたときにやっぱり止めようと思い留まらせようとしたり。モーリスの嘘疑惑を問い詰められたときに複雑な表情を浮かべたり。決定打になったのが城でやられたときにガストンが助けずに見捨てたシーン。あれで吹っ切れてポット夫人と共闘するのが良かった。ディズニー映画のキャラはどこか人とズレた感性を持っていてあまり感情移入できないこともある(知らんけど)。けどこのル・フウは人間味あふれるキャラなのが良かった。
あと印象的だったのが王子復活までの城の住民が次々と調度品に変わっていく所。観てて絶望感がすさまじい…ポット夫人チップを最後会えずに意識がなくなっていくとか悲しすぎるよ…
 
今回はドルビーアトモス版で観たが今まで「ファンタスティック・ビースト」、「ラ・ラ・ランド」とアトモス版で観た中で一番実感できたかもしれない。本当に音が降りてきた。でも一番いいのがIMAX版だと思う。109エキスポの次世代IMAX版。「ドクター・ストレンジ」で初体験したとき映像、音響共々通常の劇場より2ランクぐらい上に感じた。これはエキスポIMAX信者もいることがうなづける。しかし交通費が…
 
結局何が言いたいかと言うと、実写版「美女と野獣」音楽、ストーリーと非常に満足度の高い映画でした。